学力向上支援事業

学力向上支援事業  (学習活動サポート事業)   
目的
 朝日町教育委員会、大学との連携・協力のもと、放課後の学習相談をはじめとした生徒へのきめ細やかな指導を一層充実させ、学習上のつまづきの解消や学習意欲の向上を図る。また、教員志望者の将来の教員としての資質・能力の向上につなげる等の観点から、意欲や適性のある教員志望者を「学習サポーター」として活用する。
概要
 平成16年度から2年間「文部科学省学力向上支援事業研究協力校」として事業を実施する。富山大学の学生を募集し、主として中学3年生の希望者を対象として、放課後や長期休業中の質問教室などで、数名の大学生矢大学院生に学習の支援にあたっていただいた。
 平成18年度からは町指定の事業として「学力向上支援事業」を継続している。
 同じ学生が次の年も継続して参加したり、次年度の学生を紹介したりと支援にあたる学生が連綿と続いていることで、きめ細かい配慮がしやすくなっている。生徒達にとって、年齢の近い「先生」に質問しやすいことから学習成果も上がっている。教員志望の学生達にとって、生徒と接することは彼らの良い経験にもなっている。
平成27年度
平成25年度
 
平成24年度
 
平成23年度
 
平成22年度
平成21年度
   
平成20年度
平成19年度
平成18年度
平成17年度
平成16年度
 6月2日、放課後の学習相談や授業の学習補助として、大学生や大学院生の方(学習サポーター)に来ていただき、学習支援が始まりました。
 夏休み中には、学習サポーター5名に学習の支援をしていただきました。
 受検も近づいてきた2月、追い込みの学習です。